友人は尊く、大切にしなければならないと思った1日。あたしに出来ることはそんな些細なことだ。