何度でも僕は君に恋をする


来年の等々力に宏樹がいないなんて信じられない。