年賀状の

呪いについて。
今年も友人から年賀状が届いた。同じ学び舎で同じ時間を共有した友人たちの年賀状の奥にはこどもの写真が使われている。会ったことはないこどもが年々成長していくのを見るのは悪くない。しかしながらいずれ彼ら(どういうことが年賀状に写っているのは男の子ばかり)は自分の写真が使われることを恥ずかしがるようになって、何の変哲もない年賀状に変わってしまうのだろうなと考えると淋しい気持ちになる。もっと家族写真で年賀状を作って欲しいと思う。
それにしてもわたくしにも結婚をして、こどもを産んで、年賀状に家族写真を使うアースがあったのかもしれないと思うと、若干居た堪れなくはなるけれども時間が巻き戻ったところで同じことをすると思うので、これは年賀状の呪いだ。

広告を非表示にする