通院記録

振り返れば左手の小指がかゆくなり、小さな水ぶくれのようなものが出来るようになったので、皮膚科で塗り薬を貰ってからずいぶんを月日が経過しました。いらいらが募るとかゆみが現れる、というわかりやすいという状態ではあったのですが、いつの頃からか小指がかゆくなると同時にうっすらと痛むようになり、ストレス溜まってんだなーなどの悠長なことを思って過ごしていたのですが、いよいよかゆくもないのに小指が痛いというフェーズに突入しました。
なにをするにしても腰が重いことでお馴染みのわたくしですが、いい加減長い間痛んでいるのでセルフジャッジもよくなかろうと外科に足を運び、ご丁寧にレントゲンまで撮って頂いたところ、「わからないのでとりあえずビタミン剤出しておきます」とビタミンB12系統の薬が処方されました。わからない? なしてビタミン剤?

なんつうか、わたくしちょっとメチコバール的なもの処方されすぎじゃないカナ……?

広告を非表示にする